「IT導入補助金」を使いたい方にとっての重要点

弊社は、「IT導入補助金」事務局よりIT導入支援事業者として採択されました。
本補助金を使いたいクリニックの皆様にとっての重要点を以下にまとめました。

  • 事業の枠組みは、IT導入補助金サイトの「事業スキーム図」をご参照下さい。
  • 補助金は、後払い(精算払い)です。
  • ITツール(ソフトウェア、サービス等)が補助対象です。
     ※ハードウェアは、補助対象外です。
  • 補助事業者とは、補助金を受け取る事業者(ITツールを導入する事業者)のことです。
  • IT導入支援事業者が補助金の申請を代行します。
  • 補助事業者は、6月30日までにITツール導入により生産性を向上させる事業計画を策定し
    事務局に提出する必要があります。
  • 労働生産性向上の目標
    • 労働生産性の向上率
       本事業を実施する補助事業者の労働生産性(※1)の向上率に対し下記の目標を設定して
       事業計画を立てて下さい。
       ・向上率: 3 年後1%以上、4 年後1.5%以上、5 年後2%以上、又は、これらと同等以上
       (※1)労働生産性 = 粗利益 (売上 - 原価) / (従業員数×1人当たり勤務時間(年平均))
    • 独自の数値目標
      導入したIT ツールによる生産性向上指数に類する独自の数値目標(※2)についても設定してください。
      (※2)クリニック様の場合、従業員あたり診療報酬点数など。
  • 事業実施効果の報告
    補助事業開始から2021年3月までの間、毎年3月末日を目途に、当該時点における以下2 つの
    情報を、IT 導入支援事業者に報告すること。
    (IT 導入支援事業者に報告する情報)
    ・生産性向上に係る情報(売上、原価、従業員数及び就業時間
    ・導入したIT ツールによる生産性向上指数に類する独自の数値目標に係わる情報
  • 補助金の額が50 万円以上の場合
    補助金の額が50 万円以上の場合、補助事業者の生産性向上を目的とした業務改善、
    IT ツールの導入に係る事業計画の策定、ITツールの選定・導入等に関する「専門家」の支援を
    受けた方が望ましい。
    「専門家」とは、 よろず支援拠点 地域プラットフォームミラサポに在籍・登録のある
    専門家、
    または、IT 導入支援事業者社内にIT コンサルティングの経験があり、その能力を有する者(※2)のことを言います。
    ※ミラサポに登録のある専門家の支援を受ける場合は、ミラサポ専門家派遣事業ページより専門家派遣の流れをご確認ください。
    (※2)IT 導入支援事業者社内に在籍する専門家が事業計画作成支援を行える事業者は、
    IT 導入支援事業者登録時に専門家の支援実績等を提出し、事務局より事業計画作成支援について
    認定を受けている事業者です。
  • おもてなし規格認証
    補助事業者は、「おもてなし規格認証2017」を取得している方が望ましい。
    認証の種類は、紅、金、紺、紫の4種類ある。このうち紅認証は、自己で適合を宣言するだけよい。紅認証の登録は無料。

    以上